QTTabBar

フォルダー画面にタブ表示を追加 操作ボタンのカスタマイズも可能

QTTabBarは、Windowsのフォルダー画面に「タブ」を導入するカスタマイズツールです。タブは、複数の画面を1つのウィンドウ内で切り替えて表示できる便利な機能です。Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザーに導入されているタブのように、Windowsのフォルダー表示をタブで切り替えることができます。フォルダーのウィンドウがいくつも開いて困っていることが多いなら、タブを使ってまとめてみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • Windows標準のフォルダー画面に、ブラウザーでも採用されたタブ機能を追加できる
  • インストール、アンインストールを簡単に行える
  • 一度閉じられたタブを再度開き直すことが出来る

反対票

  • インストール後に、Windowsのログオフまたは再起動が必要となる
  • 導入時に、フォルダーウィンドウを設定してタブ表示させる操作が必要となる

良い
7

QTTabBarは、Windowsのフォルダー画面に「タブ」を導入するカスタマイズツールです。タブは、複数の画面を1つのウィンドウ内で切り替えて表示できる便利な機能です。Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザーに導入されているタブのように、Windowsのフォルダー表示をタブで切り替えることができます。フォルダーのウィンドウがいくつも開いて困っていることが多いなら、タブを使ってまとめてみてはいかがでしょうか。

QTTabBarをインストールするとWindowsに常駐し、フォルダー画面に新たにタブ機能を追加します。フォルダーの「表示」メニューから「QTTabBar」と「QT標準のボタン」にチェックを入れると、ツールバーの下にタブが現れます。タブの切り替えや移動など基本操作はブラウザーのタブと同様です。便利なのは、最近閉じたフォルダーをクリックひとつで再び開くことができる点です。「さっき閉じたフォルダーをもう一度開きたい」というときでも、わざわざフォルダーを探すことなくボタンひとつで済むのが便利です。

ただインストール自体はクリックしていくだけで完了するのですが、その後フォルダー画面から表示の設定を行わないと使用できないのはやや面倒です。操作方法は慣れるまでは試行錯誤するかもしれません。また、インストール後に一度ログオフまたは再起動が必要です。QTTabBarを使うのをやめる場合は、インストール時に使ったQTTabBar.exeを再度実行してアンインストールする必要があります。

導入と使い始めにやや難がありますが、タブはフォルダー画面をまとめるのに役立つでしょう。たくさん開いて邪魔になったフォルダー画面をすっきりと整理させたいなら、QTTabBarを試してみはいかがでしょうか。

QTTabBar

ダウンロード

QTTabBar 514